HISTORY

~アーサーマレーの歴史~


Arthur Murray started teaching dance in 1912 at the Grand Palace in New York City.

1912年、アーサー・マレーはニューヨークのグランドパレスでダンスを教え始めました。


In 1925, he began selling branded dance lessons and launched the first franchise dance school. The business continued to expand steadily, and by 1940, Arthur Murray was a household name.

1925年、彼は”アーサーマレー”ブランドのダンスレッスンの販売を開始し、最初のフランチャイズダンススクールを立ち上げました。事業は順調に拡大を続け、1940年代には、アーサー・マレーの名前は全米中に響き渡りました。


Murray was considered a pioneer of social dancing, and his studios introduced new dances to the public such as the “Lambeth Walk” and “The Big Apple.” He also wrote several books and pamphlets promoting the social aspects of dance.

アーサーマレーは、社交ダンスの先駆者とみなされ、彼のスタジオでは、”ランベス・ウォーク”や”ビッグアップル”などといった”新しいダンスを広く導入した。

アーサーマレーは、またダンスの社交的側面を促進するいくつかの書籍や小冊子を執筆しました。

Today there are over 300 Arthur Murray Dance Studios in over 21 countries across the globe.  Arthur Murray Dance Studios continue to enjoy unprecedented popularity today and are known for unparalleled dance instruction.

現在、世界中の21カ国以上に300近くのアーサーマレーダンススタジオがあり、現在でも空前の人気を誇り続け、そのダンス指導には定評がある。